FC2ブログ




さまざまな人生まさに人生イロイロ!


プロフィール

かずやん2

Author:かずやん2

air_rank[1].gif


アクセスアップ
電磁波 防止 電磁波 対策



最近の記事



月別アーカイブ



トレンドマッチ広告☆



楽天広告☆



リンク

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

このブログをリンクに追加する



借金で悩んでいる時にやってはイケない五原則
景気後退の折、不意の多額の出費で動かせる現金だけでは対応できない場合、
またはローンを組んで大きな買い物(自動車や住宅)を購入した後に収入の
突然の減少で人生設計に計算違いが生じた場合など、借金をしなければならない
状態は多々存在する。この借金が「重大な問題」となるほど自分には背負いきれ
そうにもない額にふくれ上がった場合でも、最優先事項は自己破産を防ぐことに
他ならない。それを避けるためさまざまな手立てが考えられるが、
解決策”に見える”ものの実のところ「これも出来る限り避けた方が良い」と
いうものもある。
【How Life Works】では代表的な5つの「避けるべき」方策と、その理由も提示している。


1.クレジットカードの支払いで、最低支払い額「だけ」を支払う

2.友人や家族に金銭的助けを求める

3.高利のローンでとりあえず穴埋めする

4.高料金の「カウンセラー」に相談する

5.自己破産をする


上記のリストはあくまでもアメリカでの話。しかも元記事では「自由債務救済措置
(Freedom Debt Relief)」制度を活用しましょうという宣伝につながっている。
そこでいくつか日本の事例にそって補則をしておくことにする。



スポンサーサイト




<村上春樹さん>「1Q84」発売12日目でミリオンセラー
村上春樹さんの最新長編小説「1Q84」(新潮社)が9日、第1・2巻で計106万部まで
増刷されることに決まった。
5月29日の発売から12日目でミリオンセラーを達成し、空前の大ヒットとなる。
作中の音楽や村上さんの過去の著作も売れ始めており、「1Q84」ブームは過熱する一方だ。

直近のミリオンセラーの記録では、「バカの壁」(養老孟司著、新潮新書)が約4カ月で
100万部を超え、約400万部まで売り上げを伸ばした。

作中登場する小説や音楽も売れている。
「1Q84」というタイトルのもとになったジョージ・オーウェルの近未来小説「1984年」
(早川書房)は偶然新訳を7月上旬に刊行予定だった。
「1Q84」発売後、「1984年」は現行の数千冊をほぼ完売。
なおも書店などから問い合わせが相次いでいるという。
7年前の「海辺のカフカ」も再び売れ始めた。

作品の冒頭から、頻出するチェコの作曲家ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」も異常な人気だ。
主人公が聴くジョージ・セル指揮、クリーブランド管弦楽団の演奏を収録したCDは、
注文が殺到し、ほぼ品切れの状態が続いている。

発売元のソニー・ミュージックジャパンインターナショナルによると、
同作品はCD化した90年以降、20年間で6000枚を出荷したが、
「1Q84」発売後のわずか1週間で、同数の注文を受けた。
追加生産中で、今週半ばには、随時出荷され店頭に並ぶという。

制作部門を担当する小山哲史チーフは「村上春樹さんの影響は尋常ではない。
小説に取り上げられて、ここまでCDが売れるのは初めて」と語った。